葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

社葬や合同葬という形式の葬式について

人が亡くなった際に行う葬式ですが、その地域の風習や宗教などによって様々な形式が存在します。そんな葬式のなかでも多くの人がお別れのために参加する式として、社葬や合同葬などがあります。この形式の葬式の場合は、社葬では喪主はある特定の人が担当するのではなく会社自体が施主となることが多いです。このようなお葬式の特徴として、一般的に行われるお葬式の携帯である一般葬とくらえてかなり規模の大きなものになるという点です。社葬の場合は会社の創業者といった人や会長といった人など、重要なポストの人が亡くなった時に行われることが多いと思います。

合同葬の場合はとある分野で功績をのこした著名人のかたや、芸能人のかたなどはこのタイプのお葬式を行います。理由としてですが、弔問客がとても多いという事が想定されからです。会社の創業者などの場合は、親族や親戚以外に会社で働いている社員や、会社でお世話になった各会社の関係者などが訪れます。著名人であればその分野の人達が参列し、芸能人であれば一般のファンの人なども訪れることになります。一度に多くの人が訪れることが想定される場合は、それ相応の受け入れが可能なお葬式に必要があるため、大規模な社葬や合同葬をお葬式の形式として選ぶ事になります。

イチオシサイト

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.