葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

仏式のお葬式での作法と流れ

仏式でのお葬式や通夜での、一般的な作法をマスターしておきましょう。通夜は昔の場合だと、夜明かしで行われていました。しかし今の時代は半通夜が一般的であり、夕刻の18時から19時くらいから開始となります。時間的には、1時間から2時間程度で終わります。通夜への参列は受付を通り、祭壇のある部屋へ行きます。先客がいる場合は、一旦一礼してから入室します。遺族がほかの参列者よりあいさつを受けているときには、並んで順が来たらお悔やみを述べましょう。席次が事前に決められているなら案内に従います。席次が決められていないなら、先着順に椅子へ着席します。仏式の通夜のケースでは、僧侶の読経から始まって、遺族や親族の焼香があってから一般参列者の焼香になります。一通りの式が終わったら、そのあとには通夜ぶるまいの席が用意されています。

仏式の葬式は遺族をはじめ、親戚や故人と親しい友人が成仏を祈るための儀式です。告別式の場合は、故人にとってゆかりのある人たちが、故人に最後のお別れを告げるための儀式になります。続けて行われることが増えてきていて、そのために一般の参列者も、そのまま葬儀より参列するようになっています。葬儀は僧侶の読経ああって、弔辞や弔電などの披露をして、親族や遺族や親しい人たちが焼香をします。告別式のときは僧侶の読経があって、一般の参列者の焼香があります。

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.