葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

通夜や葬式に贈る花とタイミング

お通夜というのはもともと、親族や遺族や親族などといった、血縁の濃いメンバーで行われていました。亡くなった故人にできるだけ寂しい気持ちにさせないように、そのために夜を共にしたものだからです。昔が自宅で行われることが多かった時代がありましたが、近年の流れでは集会所や葬儀場といった、自宅以外の場所で行われるほうが多いです。時間もあらかじめ決めてあって、翌日には同じ場所で葬式を執り行うことも多くなっています。葬儀会場を飾る花の手配は事前に行い、斎場へと届けます。基本的には通夜や葬儀への参列をする時に、お花を持参するということはありません。個人ですするのではなく、故人や遺族と関連のあった同級生の団体や法人など、そういった団体で贈ることになります。

花を贈るときは初七日から四十九日の間、または通夜や葬儀には花の手配が間に合わないときには、そのまま贈らないでいて、遺族もそのうちに落ち着くころまで待ちましょう。その頃になったら、花のはアレンジメントを自宅へと花を届けるほうがいいでしょう。こうした違うスタイルで、弔意を伝えることができます。どうしても通夜や葬式に、無理にまにあわせようとしなくても、相手の遺族のことを考えててはしましょう。

イチオシサイト

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.