葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

葬式と故人の冥福を祈るための焼香

通夜やお葬式、告別式などでは、参列下人々の心身を清めて、故人の冥福を心より祈るために焼香をします。焼香の方法は大きく2つのパターンがあって、立ったまま行うのが立礼焼香です。もうひとつが座ってする座礼焼香です。ほかにもあるのが盆にのせて、香炉と粉末状にした抹香を用意して、それを参列した人のあいだで回す方法の、回し焼香もあります。こうした焼香の作法ですが、それぞれの宗派だとか、地域によっても違いはあります。よくある立礼焼香の作法は、とてもよくあるパターンなので、知っておいて損はありません。

立った姿勢でする立礼焼香は、会場が椅子席の式場では多くあるやり方です。順番にするので、自分の順番がきたらかるく会釈をしてから、祭壇に向かいます。祭壇の前では僧侶と遺族に一礼をして、祭壇前に進んでから遺影へ一礼します。右の指を3本使い、香をつまみます。そのときは左手に数珠を持ちましょう。香をつまんだら、一旦目の高さにしてから、香炉へと静かにくべます。宗派にもよるので、数回繰り返します。焼香をした後には、遺影へ向かって合掌します。こうして短い時間ですが、故人の冥福を祈ることになります。よくわからないときには、前の人の真似をすることです。

イチオシサイト

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.