葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

葬式とご遺体の搬送先を決めること

病院で亡くなったら葬式の準備が始まります。葬儀社へご遺体の搬送を依頼することになりますが、搬送をする先の住所を、あらかじめ正確に伝えましょう。少し前までは病院で息を引き取ったら、個人が長年住んだ自宅へと、ご遺体は搬送されるのが一般的でした。今の時代は少し話が違ってきて、家が狭いとか高層階で出入りが困難であったり、マンション住まいで住民の迷惑になるなど、いろいろな理由があって自宅とは限りません。そのため自宅ではなく、ほかの場所へ搬送をしてから安置することが増えてきています。

自宅以外での遺体安置場所は、一般的には斎場が主な候補となり、保冷庫や遺体安置室のあるところです。葬儀社の所有する遺体安置室や保冷庫、火葬場の霊安室や保冷庫も候補としてあります。遺体を預けるのは、どこの場所でも一時的です。ゆっくりと故人とお別れのできる場所ではありません。自宅での遺体安置ができないときは、いろいろな手配が大変です。搬送以前には、葬式を依頼するための葬儀社や斎場を決めないとなりませんし、ご遺体の安置する場所も確保も必要です。なかなか大変な作業です。無言の帰宅とも言われますが、長期的ではなく短期間でもあるため、狭くても住み慣れた自宅に一旦は戻って、狭いながらも工夫をして安置することで、お別れもゆっくりとできます。

イチオシサイト

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.