葬式と香典袋の折りたたみ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
葬式と香典袋の折りたたみ方

香典は通夜か葬式の時に持参する

香典を用意したら、通夜か葬式の時に持参するのが一般的です。両方に参列する人もいますので、そのときは通夜に渡す割合が多いです。ただ通夜や葬儀に都合で参列できないときには、郵送で香典を送ることもできます。香典は不祝儀袋へ包んで、現金書留の封筒を用意して入れて、一緒にお悔やみの手紙も入れて送ります。お悔やみの手紙の書き方は、白無地の便せんを用意して、ペンは黒色かブルーブラックの色、もしくは毛筆で書きましょう。普通の手紙を見ないな季節のあいさつや、拝啓や謹啓といった頭語の敬具はいりません。朗報を聴いての驚きと、それと同じくらいの悲しみの気持ちを意識しながら、お悔やみの言葉を書きましょう。通夜やお葬式には参列ができないことへのお詫びと、香典送付の件も記載します。そして冥福を祈る言葉もいれて、うまく構成をして書きましょう。

香典を包むための不祝儀袋の表書きは、それぞれの宗教によって違います。日本で多い仏式だと、御霊前や御香典、それに御仏前が一般的です。神式であれば御玉串料や御榊料です。キリスト教であれば、御花料でいいでしょう。先方の宗教を確認する費用はありますが、朗報は急ですから、宗教を確認できないこともあります。そのときは表書きは、御霊前と書いて香典を持参しても許されます。自分の名前を書くときには、涙で墨が薄くなるといった意味合いがありますから、正式には薄墨で書くことです。

イチオシサイト

Copyright 2017 葬式と香典袋の折りたたみ方 All Rights Reserved.